​連絡先

LIQUOR STORE

東京都中央区新川新川2丁目10番7

営業時間 9:00から18:00まで 

​E-mail contact@moesfinewines.jp

© 2016 By MOE'S FINE WINES

 BENTON-LANE WINERY 

 80年代初頭、スティーヴ・ジラードはナパ・ヴァレーにてジラードというブランドでワインを造っていました。彼はピノ・ノワールを造りたかったのですが、そこはピノ・ノワールの生育には向いていない畑でした。ピノ・ノワールは特に栽培が難しい品種で、熱に大変弱く、もし生育時の気温が高すぎた場合にはぶどうが焼けた様な味になってしまうのです。

 評判の良いピノ・ノワールはオレゴンのように涼しい気候で造られていました。土壌、気候、風、雨量、日照量、風のパターン、氷温にならない日数、日光の強さ等を詳細に調べた結果、彼は世界で最高品質のピノ・ノワールが育つのはオレゴン州ウィラメット・ヴァレー、ユージーンからコーヴァリスの30マイル間であること確信しました。

 そこはオレゴン州の多くのワイナリーが位置する場所から120マイル(192km)も南に下ったところでしたが、彼は多くのワイナリーはワインを売るためにその場所にあるだけで、最高のピノ・ノワールを産する土地ではないということを知っていたのです。

 様々な場所を調査し、幾度も土まみれになって、ついにサニーマウントという古いヒツジの放牧場を見つけました。まさしくそこはすばらしいピノ・ノワールを育てるために、たったそれだけの理由でこの世に存在するかのようでした。

 サニーマウントはユージーンからコーヴァリスの間、谷の霧が出るラインの上、しかし風の強い峰よりは下の方に横たわっています。斜面は南東に面しているのでブドウは朝日を浴びる事ができます。また、斜面はなだらかに下っており、そのため霜の心配がさほどありません。西側は大きな山に守られており、嵐の直撃を避けてくれます。そういうわけで他の北や南の場所と比べて日当たりがよく天候に恵まれているという意味で“サニーマウント”と名付けられたのです。

 ユージーンとコーヴァリス間を飛ぶパイロットはサニーマウントのことを“キーホール”と呼んでいます。曇りの日でもここだけはぽっかりと穴が空いたように晴れていて、そこを飛ぶことができるからです。しかし良いことばかりではありませんでした。

 サニーマウントの地価は高すぎたのです。ジラードはそこを切望しながらもチャンスを待つことにしました。それから5年余りの間、土地の価格は下落し続け、サニーマウントの元のオーナーは銀行に売却、そこで彼はパートナーのカール・ドマーニ(現ナパ、スタッグスリープ地区のキホーテワイナリーのオーナー)と共にその1860エーカーの放牧場を購入することに成功、1989年にピノ・ノワールを植え始めました。

 1998年にワイナリー、オフィス、テイスティング・ルームが入る複合施設が建設されるまでは地元のワイナリーを借りて生産されました。現在は126エーカーのピノ・ノワールの畑を所有、年間約20000ケースを超えるワインを生産しています。

2006年度世界のトップ100ワイナリーの中に選ばれた実力派です。

 最初にこのベントン・レーン・ヴィンヤードを見たときに、彼は“宝くじに当たった!”と思ったそうです。畑の西側に位置する山が雨や雲を南北に切り分け、この土地にいつも日差しをもたらしてくれるのです。海抜もこのヴィンヤードにとって最高です。

 ウィラメット・ヴァレーを渡る霧の上に位置し、しかも完熟を妨げる、強い風が吹くラインよりも下にあるのです。傾斜もなだらかに南東に下り、冷たい風が下方に流れ、ブドウの木に霜が付くのを防いでくれます。土壌は水はけのとても良い赤煉瓦質の土です。

 この土壌は雨水を早く吸収するのでブドウの樹が水に浸ってしまうことがありません。現在、合計126エーカーにピノ・ノワールが植えられており、7種類の異なるクローンが6種類の異なるルートストック(根)に接ぎ木されています。気候の状況によりますが、通常4月に発芽し、9月の終わりから10月のはじめに収穫を行います。ベントン・レーンの環境適応型ヴィンヤードの実践は国際的な基準L.I.V.E.(Low Input Viticulture and Enology)プログラムに準拠しており、またこの地域が推進する分水嶺管理プログラムであるサーモン・セーフ(Salmon-Safe)プログラムの承認も受けています。たいへん環境に優しいヴィンヤードといえます。