​連絡先

LIQUOR STORE

東京都中央区新川新川2丁目10番7

営業時間 9:00から18:00まで 

​E-mail contact@moesfinewines.jp

© 2016 By MOE'S FINE WINES

 WHITE OAK VINEYARDS & WINEREY 

 ホワイト・オークの歴史は1970年代、オーナーであるビル・マイヤー氏がアレキサンダー・ヴァレーのヴィンヤードを購入し、ワインを作り始めたことによって始まりました。まさに手作りの職人的、少量生産のワインはソノマ、ヒルスバーグの町の中心にあるテイスティング・ルーム内で瞬く間に売り切れてしまうほどの人気で、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ジンファンデルは品評会で金賞を取るまでになりました。

 ビルは名声に後押しされ、ホワイト・オーク・ヴィンヤーズ&ワイナリーを1981年に設立しました。その後、1997年にはパートナーのドン・グロス氏他の協力を得て、ナパやロシアン・リヴァー・ヴァレーにある最良の畑を買い足し、翌年にはアレキサンダーの美しいヴィンヤードを見渡せる場所にワイナリーとビジターのための建物を新設しました。

 1998年、ホワイト・オークにとってたいへん幸運なことにソノマの最も優れたワイン・メーカーのひとり、スティーヴ・ライアン氏がホワイト・オークのワイン・メーキングの責任者になりました。

 ミネソタ生まれ、カリフォルニアに移住しワイン・メーカーとしてのキャリアを持つ前に、ミネソタ大学にて土壌学の学位を取得しています。

 彼はホワイト・オークのワイン・メーカーとなる前に、マリエッタ・セラーズ、ドライ・クリーク・ヴィンヤーズ、アルダーブルック・ワイナリー、マルティネリ・ヴィンヤーズといういずれも著名なワイナリーでワイン・メーカーを勤めました。

 彼は自然への「最小限の関与」を目指したワイン造りを定着させました。2000年以降、彼のワインメーキングスタイルを継投しつつ更に進化させたのが現在のワイン・メーカー、ビル・パーカー氏です。パーカー氏はソノマのマタンザス・クリークで15年間ワイン・メーカーとして活躍した実績の持ち主です。彼の手によりホワイト・オークのワインの評判は飛躍的に高まり、いずれの品種も品評会、ワイン誌等で高得点を得るものとなりました。

 ホワイト・オーク・ヴィンヤーズ&ワイナリーはナパ、アレキサンダー・ヴァレー、ロシアン・リヴァー・ヴァレーに合わせて700エーカー近くのぶどう畑を所有しています。そのうち約10%のブドウがホワイト・オークで使われ、それ以外のブドウはよく知られた名門ワイナリーへと運ばれます。現在、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラーの5品種のワインが造られています。